G検定・E資格の合格者コミュニティ「CDLE」に参加する方法

ディープラーニング

こんにちは。d1です。

今回はG検定・E資格の合格者コミュニティ「CDLE(Community of Deep Learning Evangelists、シードル)」に参加してみました。

  • CDLEってなに?
  • CDLEの参加方法は?
  • どのように活用するの?

CDLEってなに?

G検定とE資格のどちらかに合格した人が参加できるコミュニティのこと。Community of Deep Learning Evangelistsで略称がCDLE(シードル)となっています。

ディープラーニングを広めるために、課題感や質問をCDLE会員で共有していき、解決していきましょう。というという趣旨のようです。

CDLEの参加方法は?

参加方法は以下の手順です。

  1. G検定またはE資格に合格する
  2. CDLE事務局から「合格者コミュニティCDLEのご案内」メールを受け取る
  3. 「JDLA Community (CDLE)」招待URLをクリックする
  4. Slackを立ち上げる
  5. 参加完了

1.G検定またはE資格に合格する

勉強方法や試験形式については「G検定ってなに?」で紹介しているのでご参考まで。

2.CDLE事務局から「合格者コミュニティCDLEのご案内」メールを受け取る

合格通知メールとは別にコミュニティ招待メールが届きます。私が合格した2021年3月20日試験の場合、合格通知が2021年4月1日 13:00、合格認証ロゴが2021年4月12日 17:30、合格証が2021年4月16日 14:21、そして合格者コミュニティ「CDLE」のご案内が2021年4月19日 11:48に届きました。参加締め切りは2021年5月5日に設定されていました。実際のメールは下のような感じ。

3.「JDLA Community (CDLE)」招待URLをクリックする

メールの下部にSlackワークスペース「JDLA Community(CDLE)」の招待URLが書いてあるのでクリック。なお招待URLについては禁止事項として「本URLの第三者への開示・共有は禁止します。招待URLはJDLA事務局から合格者へ直接ご案内いたします。合格者同士であっても、本URLを開示・共有することはNGですのでご注意ください。」が設定されているので割愛します。頑張って合格してURLを手に入れてください。

4.Slackを立ち上げる

招待URLをクリックするとSlackが立ち上がります。私はCDLE参加までSlackを利用したことがなかったのでここで名前とメールアドレスを入力し、Slackの利用手続きが必要でした。入力したメールアドレスにSlackから確認メールが届くので本文中の「ここをクリックして続行」をクリック。その後、ブラウザ版を利用するか、アプリ版を使うかを確認されます。私はアプリ版で利用しました。

5.参加完了

以上で参加は完了です。Slackを立ち上げてからは特に設定等は不要です。

どのように活用するの?

「JDLA Community(CDLE)に参加してみたところそれぞれチャンネルがあり、ディープラーニングに係わるニュースやイベント情報を参加者が投稿しています。G検定に合格したばかりで具体的にでーぷラーニングに携わる前の初学者は情報収集として活用していくのがよいと思います。またオンラインイベントの案内もあるので参加してみてはいかがでしょうか?

本日は簡単にG検定・E資格の合格者コミュニティ「CDLE」に参加する方法を説明しました。私自身も参加したばかりなので使い方については模索していこうと思います。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました